2018年!仮想通貨で必要な取引所を紹介します♩(まずは国内)

こんばんは、オキナです。

今話題に上がっているXPコインやBitZenyなど様々なアルトコインが日に日に増えていきます。

スポンサーリンク

上記のようなコインは日本内の取引所ではまず取り扱われていないので、予め取引所を開設することをお勧めいたします。
また国内取引所のアルトコインは板取引が少なく、取引所からの購入で損をしますので注意してくださいね。

日本国内の各取引所

まずは日本国内の取引所から

必ずといっていいほど開設すべき国内取引所は以下の5つ

1.ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で仮想通貨の存在を広めていった、大手取引所。ここは必ずといっていいほど開設したいところです。

メリット

  • 6種類の仮想通貨を取り扱い。手軽に販売所からの購入が出来る。
  • 住信SBI利用で入金手数料が無料。また出金の時間が翌営業日または翌々営業日
  • bitFlyerLightningFXでレバレッジをかけた信用取引が可能

デメリット

  • ビットコイン以外、板取引ができない

2.coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

出川哲郎さんのCMでお馴染みのcoincheck。ここも老舗で是非開設したい取引所です。
メリット

  • 13種類の仮想通貨を取り扱い。手軽に販売所からの購入が出来る。
  • 住信SBI利用で入金手数料が無料。また出金の時間が翌営業日または翌々営業日
  • 証拠金担保に最大5倍までのレバレッジ取引が可能

デメリット

  • ビットコイン以外、板取引ができない
  • 販売所からのコイン購入手数料が不明瞭な部分がある

3.Zaif

トークンと呼ばれるオリジナルの仮想通貨を発行するなど独自色が強い取引所
※以前紹介したCMSトークンもこちらの取引所主体で発行されています^^

メリット

  • トークンを含め15種類の仮想通貨を取り扱い。
  • 各種、BTC建・円建てでの板取引が用意
  • 住信SBI利用で入金手数料が無料。また出金の時間が翌営業日または翌々営業日

デメリット

  • 特になし

4. BTC Box

いち早くBCHを取り入れた取引所。各種仮想通貨の板取引に対応

メリット

  • 4種類の仮想通貨を取り扱い。
  • 各種、円建てでの板取引が用意
  • 住信SBI利用で入金手数料が無料。また出金の時間が翌営業日または翌々営業日

デメリット

  • 板取引がBTC以外活発ではない

5. QUOINEX(コインエクスチェンジ)

日本円以外に他国の通貨も利用可能。

メリット

  • 3種類の仮想通貨を取り扱い
  • 全ての仮想通貨に置いて板取引が可能
  • レバレッジ最大25倍まで対応可能

デメリット

  • 出金手順が少々複雑
  • 仮想通貨の送金手続きが1営業日を置いての対応

まとめ

日本国内の仮想通貨主要取引所5つを取り上げました。
国内でこの5つの講座を開いておけばまずは問題ないと思います。

重要なのは国内で完結するもの、例であげれば
・モナコインを購入するのであれば「板取引」を採用されているZaifを利用。
・BCHを購入するのであれば、「BTC BOX」
・イーサリアムを購入するのであれば「QUOINEX」「Zaif」
・BTCを購入する場合は、板取引が活発な「bitFlyer」「coincheck」
という風にすればいいかもしれません。

もう一点注意事項としてはXRP(リップル)、ZEM(NEM)といったアルトコインを購入するのは国内では販売所のみとなっております。

次回紹介する取引所にてアルトコインは購入しましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

取引所
CMS(COMSA)ならZaif開設しなきゃ! 〜口座開設手順〜 2017年9月版

こんにちは、オキナです♪ LINE@ではいち早くお伝えしておりましたが、CMS(COMSA)トークン …

Bitcoin
無料ビットコイン入手サイト Freebitcoin

こんにちは♪オキナです。 今回ご紹介するサイトは、1時間に一回「ROLL」というボタンを押すだけで、 …

Bitcoin
無料ビットコイン入手サイト Bit Fun

こんにちは♪ オキナです。 だいぶ更新が遅れてしまいました。。。 今回ご紹介するのは前回の記事に続い …